USA

【LA滞在記】お洒落なブティックホテル〜Hotel Indigo Los Angeles Downtown〜

ロサンゼルス滞在前半はダウンタウンにあるブティックホテルに宿泊しました♪

私はIHG(インターコンチネンタルグループ)の上級会員なので、旅先での滞在先はIHG系列のホテルに滞在することが多いです。

今回宿泊したのはそのIHG系列のHotel indigo(ホテルインディゴ)なのですが、こちらのブランドコンセプトが『その土地らしさ』だそう。

インターコンチネンタルホテルはラグジュアリーでゴージャスなイメージでしたが、ホテルインディゴはそのコンセプト通り、LAらしいアーティスティックな内装がお洒落だったので、レポしていきたいと思います♪

 

入った瞬間思わず「おしゃれ〜!」と声が出たロビー

そんなに大きくないホテルなのですが、ロビーの天井はとっても高くて開放的!
照明もキラキラでテンション上がります。

そしてロビーに入って一番最初に目についたのが、こちらのハットたち。
グレーや黒などモノトーンのデザインの帽子でシックにまとめられてます。

ホテルのスタッフの方の対応もかしこまりすぎず、とってもフレンドリー。
チェックイン時間より早く到着したのですが、IHGのメンバーだったので、通常より早く入室することができました。

 

ショッキングピンクとネイビーのコンビネーションがおしゃれなお部屋

今回IHG上級会員のおかげで、お部屋はジュニアスイートにアップグレードしていただきました。
スイートといってもリビングとベットルームが分かれているタイプではなく、普通より少し広いぐらいのお部屋です。

壁にはLAの街並みなのか、モノクロの写真にピンクのスプレーがかかったような壁紙でモダンな印象。

ピンクがアクセントカラーなのか、コーヒーメーカー置き場もピンク。

ちなみにコーヒーはデカフェもあって嬉しかったです♪

 

インテリアは基本的にグレーとネイビーでまとめられているので、ピンクが使われていても落ち着いた印象です。

こんなに派手なピンクを組み合わせるお部屋ってあんまりないと思うので新鮮でした!

 

丸見えで恥ずかしい!だけどおしゃれなバスルーム

お部屋おしゃれだなーと思ってバスルームに向かうと、びっくり。
なんと全面窓ガラスで外の景色が丸見え!

ある意味開放的でスッキリ用を足せそうですが(笑)
トイレも丸見えなので、すぐさまブラインドを下ろしました。。。

眺めが良すぎる窓を除けば、バスルームもやっぱりモダンでおしゃれ。
深緑にモノトーンのタイルの組み合わせにセンスを感じます。

しかも、アメニティはインテリアブランドのJonathan Adler(ジョナサンアドラー)がプロヂュースしているアメニティ。

フローラル系ちょっと甘めの香りでした。

ということはこのホテルのインテリアはジョナサンアドラーのものなのかなと思います。

 

この冬日本にも初上陸!Hotel Indigo

ということでおしゃれモダンなHotel Indigoですが、実は日本にも第1号店が近々オープンするみたいです!その場所は箱根強羅。

詳細は公式HPへ。

ブランドコンセプトが『その土地らしさ』なので、きっとまた素敵なホテルに違いない。

IHG系列のホテルはよく泊まっているのですが、今回初めてインディゴに滞在し、おしゃれな内装がとても素敵だったので、箱根も泊まってみたいな〜って思いました!

 

ロサンゼルスのHotel Indigoはメトロの7th street駅にも近くて立地が良くてオススメです。
エンターテイメントスポットのLAライブもすぐ側ですよ♪

 

 

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!
旅のスピードにブログの更新が追いついてませんが(笑)2020年は更新頻度を上げれるよう頑張ります!

ニューポートビーチのバルボア島に行ってみた! | 旅するリッチウーマン へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です