USA

雨の日のロサンゼルスで楽しめるおすすめスポット 

年間300日晴れているロサンゼルス。
それでももちろん、雨の日もあるわけですが、、、

私も先日のロサンゼルス滞在はそのほとんどが曇りや雨でしたが、

せっかくの観光が雨で台無し!

なんてことは、ありません。

雨の日でもちゃんと楽しめる観光スポットで楽しんできました♪

今日はそんな雨の日スポットをレポートしていきます!

ローカルにも人気の無料で入れる現代美術館〜The Broad〜

今回私が行った雨の日のおすすめスポットは、ダウンタウンエリアにある「ザ・ブロード」。

前回のブログでご紹介したグランドセントラルマーケットのすぐ近くにあります。

私はこの日は朝から土砂降りだったので、グランドセントラルマーケットでゆっくり朝ごはんを食べて、LA LA LANDの撮影でも使われたエンゼルズフライトにのって、ザ・ブロードで芸術鑑賞、というルートで1日を過ごしました。

入場料は無料!チケットはWEBで事前購入がおすすめ

まずなんといってもびっくりなのが、こちらの美術館は入場無料
それなのに、クオリティの高い作品やデザインを鑑賞できるのが、おすすめポイント。

雨の日じゃなくても行って欲しいくらい、見応えのある美術館です。
しかも、館内は写真も自由に撮れます!

巨大なバルーンのオブジェや、

まるで自分が小人になったかのようなダイニングテーブルだったり、

水彩画や油絵、シルクスクリーンなど、様々な手法で作られたおしゃれなアートやデザインがたくさんありました♪

入場無料だけあって、ローカルにも人気なこの美術館は、入場制限などがかかることもあるので、チケットは事前にWEBで購入しておいたほうが確実に入れます。(購入といってももちろん0円です。)

チケットの購入はこちらの公式サイトからできます。

当日でも入場可能ですが、待つこともあるので、余裕がある方は事前に購入して余裕を持って楽しみましょう!

 

日本人の作品も多数展示

コミカルなアニメのキャラクターが展示されてるな〜って思って作者を見たら、日本人の方の作品でした。

うさぎの耳(?)に書いてある「かい」のもじの意味がよくわかりませんでしたが、個人的に気に入ったのがこちらの作品↓

一番のおすすめは草間彌生さんのINFINITY MIRRORED ROOM

私がこの美術館で一番見たかったのがこれ。
360度鏡張りの部屋に入ると、まるで宇宙にいるかのようなキラキラした景色が見れるの!

こんな感じ↓

ロサンゼルスの美術館、ザ・ブロードにある、草間彌生さんの作品。 – Spherical Image – RICOH THETA

もちろんこれも入場無料!
ただし、別に整理券が必要なので、美術館に入場したら整理券を取りに行きましょう。

私がいった時は係の方が無条件で整理券を受け取る場所に誘導してたので、迷うことはないと思います。

雨の日でも楽しめる現代美術館ザ・ブロード。
正直雨の日じゃなくてもロサンゼルス旅行に組み込んで欲しい、おすすめスポットです!

すぐ近くにあるグランドセントラルマーケットとともに、ぜひいってみてください♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です