Turkey

カッパドキアの絶景!熱気球が見える洞窟ホテル

ヨーロッパ周遊旅1カ国目のトルコ。
イスタンブールから入国してそのまま国内線に乗り継ぎ、向かったのはカッパドキア。

カッパドキアといえば!
熱気球が広がる絶景が有名ですよね♪

前回行った時は強風で気球の打ち上げが中止になりその絶景を見ることができず。。。

リベンジも兼ねて2泊余裕をとり、また戻ってまいりました。

今回宿泊したのはギョレメの中心地にある、Cappadocia Cave Suites(カッパドキアケーブスイーツ)。
ホテルのテラスから熱気球が見える洞窟ホテルです。

こちらのホテルの宿泊レポと熱気球の絶景、洞窟ホテルを最大限楽しむためのヒントを
ここでご紹介していきます♪

洞窟ホテルお部屋レポ〜Cappadocia Cave Suites〜

 

今回宿泊したカッパドキアケーブスイーツはその土地の地形を生かして作られた洞窟ホテル。
まずはそのお部屋の様子をレポしましたのでご覧ください↓

 

お部屋はメゾネット的な作りになっていて、
リビングとベッドがある上層部と、バスルームがある地下部分に分かれています。




実はこのバスタブ、立派なジェットバスなんです!
水圧もちゃんとあってお湯もたっぷり、毎晩バスジェルで泡風呂にしてくつろぎました♪

ホテルはこじんまりとしていて、メインダイニングのレストランとルーフトップバーが一つづつあり、フロントも一つしかありませんが、その分静かなのでゆったりと滞在することができました!

朝食のバリエーションは少なめですが、チーズの種類はかなり豊富です。
フライドポテトが地味に美味しくて、何度もお代わり(笑)

また、テラスがあるんですが、この時期(8月中旬)でも朝はかなり寒いので、雰囲気だけ写真に収め、
屋内でぬくぬくしながら朝食を食べましたよ。

いざ、カッパドキアの熱気球の絶景を鑑賞!

この時のカッパドキアの日の出は6時前。
朝4時半に起きて身支度を整え、気球が上がるのを待ちます。

前回残念ながら絶景が見れなかった分、期待は高まりドキドキ。

5時半ごろ部屋を出るともうすでに気球が上がり始めてます!
そちらがこの景色↓

や〜もうね、ただただ感動です!
この景色見ずに死んじゃいかんです。

次々と上がる気球と朝焼けのコンビネーションがなんとも幻想的で、

生きてて良かった〜!!

と叫びたくなりました。

そして!
「熱気球を見ながら朝食を〜」
的な写真も、バッチリ撮れました♡

その時のお写真はこちらのインスタにアップしています↓

 

View this post on Instagram

 

リベンジ成功 カッパドキアの気球を眺めながらの朝食 前回は日の出前からスタンバッテだけど、天候の理由でキャンセルになったから、この景色が見れてとっても感動した そして思いのほか気球が近くまで来るので迫力も満点‼️ 2枚目の動画を見てみてね @natsuko.yokota さんにいきなりレポ振られてたどたどしいw 明日も気球見れるといいな ⭐️Megumi’s Instagram⭐️ @travel.richwoman 毎月世界を旅しながら思ったことや感じたことをアップしています♪ #veltra #ベルトラ #tabirepo #theta360 #thetaのある生活 #veltra2019summer

A post shared by Megumi. K (@travel.richwoman) on

これがやりたかったんです〜♡

ミーハーかもしれないけど、インスタ女子の憧れ!
カッパドキアに行くのなら、これをしなきゃでしょ!!

ちなみにこのようなお写真が撮れるテラスがあるホテルは、私が宿泊したカッパドキアケーブスイーツ以外にもたくさんあります。
オススメのカッパドキアの洞窟ホテルをいくつかピックアップしたので、このブログの最後にでもまとめておきますね♪

さて、この熱気球なんですが、結構近くまで飛んでくるんです。
捕まったら乗れるくらい。

建物と岩がボコボコあるこの地形をこの距離で飛んでいくなんて、、、
気球のパイロットさんたちの腕前に脱帽です。

この美しい熱気球の絶景は、滞在した2泊両日とも楽しむことができ
今回のカッパドキアリベンジは大成功!
とっても満足しました♪

 

カッパドキアで熱気球の絶景が見える!おすすめホテルと
洞窟ホテルを最大限楽しむポイント&絶景撮影ウラ話

洞窟ホテルはカッパドキアでは定番。
普通のホテルと違って洞窟(岩場)の形を生かした珍しい作りのホテルなので、カッパドキアに来たからにはぜひ体験して欲しいです!

私が今回滞在する上でいろんなホテルを調べ、検討しましたが、

「熱気球の絶景を見ながら朝食を」

を実現できるおすすめのホテルをいくつかピックアップしたので下記にまとめました♪

今回カッパドキア行きを決めた時に真っ先に検討したホテル。
口コミも良かったし値段もリーズナブルでコスパが良いと思ったからです。
が、あいにくこの日程ではすでに満室。
予約したい方は早めの予約をオススメします。

こちらもカッパドキアで人気のホテルで、
「熱気球の絶景を見ながら朝食を」というお写真を撮るのであればテラスの飾り付けや絨毯が一番素敵だと思います。
このホテルは日本人のインスタグラマーさんがたくさん宿泊しているので、できれば違うところを開拓してみたいな〜という野心に狩られて今回はパスしました。

ここのホテルは私が一番泊まりたい!って思ったホテルです。
なぜならこのホテルにはジャグジー付きのテラスがあるお部屋から熱気球の絶景を見れるんです!
そのお部屋はスイートルームなのですが、106と101号室がオススメ。
が、人気なだけあって希望のお部屋はすでに埋まっておりました。

今回私が宿泊したホテルです。
日本語での情報がなかなか少ないホテルだったので、他の3つから比べると希望順位は低かったのですが、
海外のインスタグラマーさんたちが結構写真をアップしていたのでそれを元に下調べをしました。
立地や予算的にもベストだったのでここに決めましたが、結果、宿のオーナーにとってもよくしていただき、充実した滞在となりました♪

洞窟ホテルを最大限楽しむポイント

さて、元ホテルマンであるこの私からひとこと。
洞窟ホテルに泊まるならぜひチャレンジして欲しいオススメポイントがあります!

それは、

お部屋のリクエストを入れること

です!

洞窟ホテルはその立地と形状から、全てのお部屋が同じ作りにはなっていません。
お部屋の広さや間取り、ベットのタイプやバスルームの仕様まで、その洞窟の形に合わせて作られています。

だから、単純にお部屋タイプだけで選んだら「イメージと違った!」なんてこともあります。

なので、予約が完了したら希望の「部屋番号」を宿にリクエストしておくといいです!

手順はかんたん。

  1. ホテルの公式HPを見る
  2. HPの部屋タイプのページからそれぞれの部屋の写真を見て泊まりたい部屋番号をチェック
  3. ホテルにメールなどで、宿泊したいお部屋番号のリクエストを送る(もちろん英語で)

どのホテルにも公式ページは存在します。
また、洞窟ホテルの場合、部屋タイプだけでなく、お部屋ごとの写真も載せているところが多いです。

私は今回Booking.comを利用して宿泊予約していますが、予約するときに、ホテルの公式HPから予約した部屋タイプのお部屋一覧をチェックし、泊まりたい部屋番号をいくつかピックアップし、Booking.comの予約フォームの特別リクエストの項目に書いて予約しました。
数日後、希望のお部屋を用意すると、ホテルからメールがありましたよ♪

リクエストメールを入れる場合は、公式HPから問い合わせることもできます。
英語でのメールになりますが、今はGoogle翻訳などでも十分!

洞窟ホテルでの滞在をより快適にするために、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

最後に〜絶景撮影のウラ話とおまけ画像。

カッパドキアの洞窟ホテルと熱気球の絶景はいかがでしたか?

この素敵な場所でインスタ映えする絶景写真を撮りたい!
というあなたにぜひ知って欲しいことがあります。

実は、こちらの朝食セットはレプリカです(笑)
なので、朝だけじゃなくいつでも撮影できるように常時置かれています。

また、このような撮影スポットはホテル内でも限られているので、
あの絶景写真を撮ろうと多くの方がドレスアップをし、順番待ちをしています。
なので時間には余裕を持って準備し、撮影も他の方と譲り合いながらやりましょう!

撮影の合間、待ち時間はダウン必須です。

カッパドキアは内陸で標高も高いです。
なので夏場でも朝は10度以下に冷え込みます。

とても半袖では耐えられませんので、ダウンや上着を持っていきましょうね♪

 

カッパドキアの熱気球は死ぬまでに一度は見ておきたい絶景です!
楽しい旅行にするためにも事前準備や下調べはしっかりしておくといいですね。

 

最後に360度カメラthetaで撮った洞窟ホテルのお部屋と気球の画像を載せておきます♪
あなたの次の旅が楽しいものになりますように!

カッパドキアケーブスイート – Spherical Image – RICOH THETA

カッパドキアケーブスイート – Spherical Image – RICOH THETA

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です